インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近よく聞くようになったインプラント。差し歯と

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリ

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。

インプラントは人工歯なので当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という流れは皆さん変わりません。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

インプラントの手術してからしば

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。

まれな症例として、手術後の死亡例もあります。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

治療を始める前に必ず知るべきことですが

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。

インプラント手術の未経験者にとってどの

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

普通、インプラント治療の全部が自

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。