読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い治療期間を経てやっとイン

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がか

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

でも、気にしなくて良いです。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

残念ながら、インプラント治療は保

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。

インプラント治療を受けたい方のネックにもな

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。

ご存じの通り、インプラント治療はほ

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。

確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは十分可能になりました。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。