読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくという手段もあります。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。

最近話題になることも多い治療法であるインプ

最近話題になることも多い治療法であるインプラント

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。

インプラント治療を始める前にチェックするこ

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大事です。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。

保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

虫歯の危険性は、インプラントにはあ

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするとは言えません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

美的センスに加えて、熟練したスキルを持ち合わせていなければなりません。

これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、インプラントの治療費は高くなるのです。

がんばって終わらせたインプラ

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。