インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

これはインプラント治療の大きなメリッ

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。

保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。

代表的なインプラント適用のケー

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、必ず守るようにしてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを

典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。

全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。

インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは十分可能になりました。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに大きく異なります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

不断のケアが求められます。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。