インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

多くのメリットを知られるインプラン

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、そのマイナス面も知らなければなりません。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。

歯科医の宣伝で、インプラント

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査で問題になることはまずありません。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではな

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

インプラント治療はかなりの技

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきまし

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療はかなりの費用を要することは確かです。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。

治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、デメリットも知った上で選択してください。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どの

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

普段よりも静かに過ごすようにして身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。