インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

この治療のメインとなるインプラン

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するもので

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後がおおよその相場と考えてください。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっています

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすのが無難です。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。

重要な確認事項として、インプラン

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。

どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食べ物を噛む際に義歯がグラつくというケースも稀に報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

例外はありますが、インプラント

例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。