インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

利点も多いインプラントですが、治

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。

費用や手間の面から考えても、

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。

インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。

これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

様々な条件から、普通のインプ

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。

まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

インプラント治療による危険性をいろいろな情報

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。

感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。

入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。