インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を考えている方に知っ

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。

きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラント

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

最近よく聞くようになったインプラント

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

インプラント治療を始める前に治療費は

インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。

ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。

日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

これからインプラント治療を始めようと決め

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

実は、かかる費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

大きな効果を得られるインプラント治療で

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことを心がけてください。

最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。