インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプ

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラントの手術してからし

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は普通

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

インプラント治療は骨を削って人工

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。

一般的にはインプラント埋入手術を

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは誰も言っていません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプ

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

しかし、医療費控除の対象ではあります。

確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むこ

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。

どうにもならない虫歯で、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。