インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つです。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。

こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。

どんな完璧なインプラント治療で

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

近年市民権を得てきたインプラン

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。

重度の虫歯になってしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。

歯科治療の新たな形として注目されているインプ

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるか

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。