インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとさ

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。

この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。

インプラントの人工歯(上部構造)は

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

他の歯科治療同様、インプラント治療

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。

鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

年々利用者が増えてきたインプラ

年々利用者が増えてきたインプラント

その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。