インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

無くなった歯をインプラントで

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。

典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのがだいたいの流れです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止に努めている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、その

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

年々利用者が増えてきたインプラント

その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

インプラントは歯根部がチタン製であることが

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブ

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院で

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術を置いて語れません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実は、かかる費用は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、金額は歯科医院次第です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。

自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。