読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

厳しい条件をクリアしない限り、インプラ

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなることも覚悟してください。

そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

どんな歯科治療でも費用は気になります

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくな

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくことも考えるべきです。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されている

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。

歯を抜いたところにも人工歯を装

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。

自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。